必ず目標を達成できる!あの大谷翔平、菊池雄星も実践した、超一流の目標の立て方・実践の仕方とは?

50fc2f05e0b0cd44a0af96c4a183baad_s

・なんでいつも目標を立てても達成できないのだろう?

・目標を立てて達成しようと決意するけど、いつの間にか忘れてしまう…

・目標を立てる意味が分からなくなってきた

 

あなたも、仕事や学校、プライベートで目標を立てたことがあると思います。

 

ですが、その目標はどれだけ達成できたでしょうか? 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

元ディズニーの敏腕マーケッター直伝!どんな人でもマネできる、価値あるサービスの届け方とは?

0a3df12211f0dc349b3d14e6773c85f9_s

 

・どうすれば自社のサービスに顧客が満足してくれるのか…

・最初は買ってくれるのに、リピート客が続かない…

・宣伝や広告が売上と結びつかない…

 

自社の商品やサービスに自信があるのに、お客様が増えないのは辛いことです。

もし何度もリピートしてくれたなら、とても嬉しく仕事に気合が入るのに。
でも、なかなかお客様が増えてくれない…

 

今回は、そんな悩みを抱える方必見!元ディズニー敏腕マーケッター直伝の、あらゆる業種で使えるマーケティングの極意をご紹介します!

 

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたの体はあなたの想いが作っている!年齢による変化に人生を振り回されなくなる驚異のノウハウ

62d94a99b5c02e144b541c88e15541da_s

人はいつ老いるのでしょうか?
赤ちゃんは子供へ…。子供は大人へ…。大人は老人へ…。
このような変化は、人類が生まれ幾たびも重ねてきた自然の原則です。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

電子書籍アニキ書評 vol.91 神田昌典著『非常識な成功法則』

間川さんコラム用

こんにちは!電子書籍アニキこと間川清です。

さて今回は、読書の目的について話したいと思います。

みなさんは、どのような目的で読書をしているでしょうか?あらためて聞かれると、戸惑うかもしれません。

読書には様々な目的があると思います。例えば、小説を読む場合には、読むこと自体が面白いという「娯楽」を目的にしている場合が多いでしょう。

では、ビジネス書を読むときに目的を意識しているでしょうか?

これについては、意識している人もそうでない人もいると思いますが、結論からいうとビジネス書を読むときには目的をしっかりと意識することをオススメします。例えば、リーダーシップ論についての本を読むときであれば、「いかにすれば部下のモチベーションを上げることができるか、その答えを見つける」という目的を意識しながら読むのです。

目的を意識することのメリットはさまざまあります。

その1つは、短時間で本を読むことができるというものです。目的が明確であれば、読むべき部分は限定されます。その目的に対する答えが書いてある部分だけを読めばいいからです。結果的に、短時間で本を読み目的を達成することができるようになります。

さらにメリットとしてあげられるのは、読み落としを防ぐことができるという点です。漫然と読んでいると、どこに焦点を絞って読めばいいのかわからなくなり、肝心な部分を読み落としてしまう可能性があります。その点目的さえ意識しておけば、脳のセンサーがしっかりと働き、目的の答えを探し出すことができ重要なポイントを見落とすことが少なくなります。

加えて目的を意識することで、本の内容が記憶にとどまりやすくなります。ポイントを絞って読むことで記憶する量が限定され忘れにくくなるのです。

以上、読書において「目的を持つ」というのはとても有益な心構えです。是非とも読み始める前に目的を意識する時間をつくってください。

 

さて、今回紹介する一冊は「非常識な成功法則【新装版】」(フォレスト出版)です。

『非常識な成功法則【新装版】』神田昌典 著

『非常識な成功法則【新装版】』神田昌典 著

本書は、ヨミポでも読むことのできる本です。

いまさらこの本についての書評を書く必要はそもそもないかもしれません。それくらい自己啓発やビジネス書の分野では有名な本です。ビジネス書には、それぞれの分野において「古典」とか「基本」と呼ばれる本があります。それらの「古典」には海外の有名ビジネス書の翻訳版などが多く、日本人の書いた「古典」と呼ばれる本はとても数が少ないです。この本は、その数少ない日本人著者の書いた成功法則における「古典」と呼ばれる名著です。

世の中には成功法則に関する本が溢れています。しかし、その内容はいくつかの要素に分類することができます。成功法則にはいろいろな種類があるように見えますが、結局はいくつかの要素の変化球にすぎません。本書には、それら成功法則の基本となる要素が過不足無く書かれています。したがって、本書を読みその内容を実践することができさえすれば、他の多くの成功法則本は不要になると言えます。それくらい本書はパワフルな本です。

実際私もこの本に出会って人生が変わった多くの人のうちの一人です。私は弁護士となってから比較的早く独立しました。独立当初は、もちろん人脈も、資金も、仕事もなにもありません。日々減っていく銀行残高に頭を悩ませる日々でした。しかし、本書を読みその内容を実践するようになって、弁護士事務所の経営はみるみる順調になっていきました。自著を出版する、メディアに出るなどといった目標も、面白いように現実になっていきました。一冊の本が、本当に人生を変える力をもっているのだと、実感することになりました。

この書評を読んでくれている人の多くは、本書を読んだことがあるかもしれません。しかし、なかにはわずかながらにも読んでいない人がいることでしょう。今回の書評が、その人達の人生を変えるきっかけになれば私としては満足です。是非とも一人でも多くの人に、本の力で人生が大きく変わるという経験をして欲しいと思います。

 

本書の著者は、神田昌典氏。同氏についても、いまさら説明する必要はないかもしれません。株式会社ALMACREATIONS代表取締役。MBA取得経験などを経て経営コンサルタントとなり、「ダントツ企業実践会」を主催し、多数の成功企業やベストセラー作家を排出しています。ビジネス書、小説、翻訳書の執筆などに加え、ミュージカル、テレビ番組企画など多岐に渡る創作活動を行い、マーケティングや加速学習を通じたリーダー育成も行っています。

経歴からわかるとおり、著者はビジネスの世界を中心にマルチな活躍を見せるカリスマ的な存在です。私自身もとてもファンで、著者の出版する本はすべて読んでいます。歯切れの良い物言いと、画期的なアイデアには、いつも魅了されます。今後の活躍にも期待しています。

 

さて、本書はそのタイトルとおり「成功法則」について書かれた本です。その成功法則というのは、以下の「7つの習慣」という形で紹介されています。

 

「第1の習慣 やりたくないことを見つける

 第2の習慣 自分にかける催眠術

 第3の習慣 自分に都合のいい肩書を持つ

 第4の習慣 非常識的情報獲得術

 第5の習慣 殿様バッタのセールス

 第6の習慣 お金を溺愛する

 第7の習慣 決断は思い切らない」

 

本書が素晴らしいのは、これら第1から第7の習慣のひとつひとつがとても実践的でパワフルな成功法則だという点にあります。通常の成功法則について書かれた本は、これらの習慣のうちせいぜい1つか2つ位にしか言及されていません。本書はそのような本と違って、第1から第7まですべてが価値のある成功法則となっていのです。ですから、これらの習慣のうちたった1つを実行するだけでも成功することが可能です。ましてや、7つの習慣すべてを実行すれば、大きな成功を手に入れることができるのは間違いないでしょう。本当にワクワクする本です。

 

では、これら7つの習慣のなかから、特に私自身に役立った習慣について紹介してきたいと思います。

 

「自分は凡人だというイメージを持っていたら、成功者にはなれない」

 

「目標を持つ、そして、その目標を常に意識し実現した状況をイメージする」これは多くの成功法則について書かれた本で言及されている内容です。本書のでも、そのことが第1と第2の習慣で書かれています。

しかし、「目標を持つ、そして、その目標を常に意識し実現した状況をイメージする」ということを実行したとしても、成功できない場合があります。それはどんな場合でしょうか?

それは、「自分が思う自分」すなわちセルフイメージが低い場合です。「自分は凡人だというイメージを持っていたら、成功者にはなれない」のです。

なぜセルフイメージが低いと、成功することができないのか?それは、成功しそうになったときに、低いセルフイメージがそれを邪魔するからです。たとえば、「年収1000万円になりたい」という目標をもってそれを行動していたとしても、「ダメな自分は年収1000万円を貰えるわけがない」というセルフイメージがあると、年収1000万円が実現しそうになった直前に無意識的になにかヘマをしてしまい、年収1000万円の実現を阻むのです。

私がセルフイメージの重要性に気づくことができたのは、本書のおかげです。このセルフイメージの話を知った時、私はいままでの人生における失敗を遡って考えてみました。すると、多くの場合でその失敗の原因が低いセルフイメージによるものであることに気が付きました。本当は、その目標を実現する充分な実力があったにもかかわらず、低いセルフイメージがその目標達成を邪魔していたのです。多くの人に同じような経験があると思います。セルフイメージが低ければ、どんな成功法則を利用しても成功することはできません。この点はとても重要です。

 

「あなたが起業家として稼ぐには、お金に対して罪悪感を持ってはならない」

 

一生懸命努力しているのに、なぜか一向にお金が貯まらない、という人がいます。そのような人は、お金に対する罪悪感を持っている可能性があります。「お金は汚いもの」「人前で話してはいけないもの」「露骨に欲しがってはいけないもの」というような固定観念があるのです。しかし、お金に対して罪悪感を持っていると決して稼ぐことはできません。これは他の職業で例えるとわかると思います。例えば、音楽家がいい音楽を奏でることに、罪悪感を持ちながら優れた演奏できるでしょうか?できるわけがありません。これと同じように、お金を稼ぐことに罪悪感をもちながらお金を稼ぐことはできません。お金に対する罪悪感を消し去り、お金を溺愛してこそ、お金を稼ぐことができるのです。

この「お金を溺愛する」ということに言及している成功法則本は多くないでしょう。私も本書で初めてこのような内容に出会いました。お金に対するイメージは人によって様々ですが、ネガティブなイメージを持っている人が多いのは事実です。お金を溺愛する、少なくともネガティブなイメージを持たない、それだけで多くの人の金運はアップすると思います。

 

以上見てきましたが、本書に書かれている成功法則はどれをとってもパワフルなものばかり、実行すれば結果がでることは間違いありません。是非とも本書を読んで成功する7つの習慣を身につけてください。一生食うに困らないくらいのマインドセットを身につけることができます。

 

超訳アニキの言葉

「成功法則には既に答えがでている」

 

本書とあわせて是非読んでいただきたい本は、同じ神田昌典氏が書いた「あなたの会社が90日で儲かる!」です。もちろんヨミポで読むことができます。

『あなたの会社が90日で儲かる!』

『あなたの会社が90日で儲かる!』

この本も「非常識な成功法則」とならぶマーケティングの古典的名著。2冊とも読んであなたの成功を揺るぎないものにして欲しいと思います。

 

 

 さて、長らく続いてきたこの書評も、今回が最後になります。これまで読んでいただきありがとうございます。また機会がありましたらお会いしましょう!本の力で一人でも多くの人の人生が良い方向に進んでいくことを祈っております!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

電子書籍アニキ書評 vol.90 苫米地 英人著『残り97%の脳の使い方』

間川さんコラム用

こんにちは!電子書籍アニキこと間川清です。

 

さて、今回も前回に続いて、本で読んだ内容を身につける方法について紹介したいと思います。

前回紹介したのは、「「読書の内容をアウトプットする」という方法でした。

今回紹介するのは、「小さなことでもいいから実践する」という方法です。

本で得た学びは、それを「知っている」だけでは意味がありません。
実践して初めて意味をもち、「内容を身につける」ことができます。

しかし、実際本で読んだ内容を実践するのは簡単なことではありません。
いままでの習慣を大きく変える必要があるなど、なかなか行動に移せないことが多いでしょう。

そんなときにやってほしいのが「小さなことでもいいから実践する」ことです。
例えば、「毎日30分読書時間をとる」と本に書いてあったとしたら、
いきなり30分読書するのではなく5分だけ読書時間をとるようにするのです。

小さくても実践することによって、なんらかのプラスの結果がでるようになります。
すると、そのプラスの結果がうれしくなり、もっともっと多く実践したくなっていくのです。
その結果、行動が次の行動をうながすようになり、
最終的に本の内容を実践し、いつのまにか身につけたと言えるようになっているのです。

ポイントは、行動をとにかく「小さく」すること。
面倒な気持ちにならないくらい小さくて簡単なことから始めるのです。
行動は次の行動を生み、やる気をつくりだします。

本の内容を身につけるために、とにかく「小さく実践する」こと。是非実行してみて下さい。

さて、今回紹介する一冊は「残り97%の脳の使い方【ポケット版】」(フォレスト出版)です。

『残り97%の脳の使い方』

『残り97%の脳の使い方』

本書は、ヨミポでも読むことのできる本です。

皆さんは一度くらい「人間の脳は全体の3%くらいしか使われていない」
という話を聞いたことがあるでしょう。
では、残りの97%を使うと、人間はどのようなことを成し遂げられるのでしょうか?

その疑問に答えてくれるのが本書です。

本書は、脳の力をフル活用することにより、人生を思い通りにする方法を教えてくれます。
より具体的にいうと、「他人を動かす技術」と「目標を達成する技術」について教えてくれます。

人は自分だけで生きていくことはできません。
そして、人は他人が自分の思うとおりに動いてくれないことに悩み、苦しみます。
ですから、「他人を動かす技術」を手に入れることができれば、
人生の多くを思い通りにすることができるようになります。
また、「目標を達成する技術」を身につけることができれば、
人生が思い通りになることは当然の結果と言えるでしょう。

このように本書は、「他人を動かす技術」と「目標を達成する技術」
を教えてくれる一冊となっていますが、
多くの人にとって役に立つのは「目標を達成する技術」のほうだと思います。

というのも、「他人を動かす技術」についても本書では、
そのバックグラウンドとなる知識に遡り具体的な方法が書いてあるのですが、
なかなか一度読んだだけでは身につけるのが難しい内容となっているからです。

それは本のなかにも、この技術については、
文字にするのが難しい部分があると認めていることからもわかります。
もちろん、「他人を動かす技術」について興味がある人にとっては、
とても有益な内容となっていますので、読んで損することはありません。

一方の「目標を達成する技術」については、
相手は関係なく自分自身が行動することで達成することが可能な内容となっています。
コントロールすることが可能な自分自身を対象としているので、
きちんと実行さえすれば成果がでるといえるでしょう。

本書で言う「目標を達成する技術」は、
他の自己啓発書でも書かれている内容と重複しているところがあります。
例えば、「自分はできる」という自分自身への高いセルフイメージをもつ、などです。
しかし、本書が他の自己啓発書と異なっているのは、
なぜその成功法則が成功法則足りうるのかを、きちんとした脳科学に基づいて説明している点です。

成功法則は、なぜそれが成功法則であるのかという理由を知らなくても実践すれば成果がでますが、
その理由を知っておいたほうが納得して実践することができるでしょう。

「目標を達成する技術」について知りたい人はもちろん、
既存の成功法則に納得できていない人などに是非オススメしたい一冊と言えます。

 

本書の著者は、苫米地英人氏。ビジネス書が好きな人であれば多くの人が知っていることでしょう。
脳科学というアプローチから、自己啓発書を始め様々なジャンルのビジネス書を書いている著名な方です。
1959年、東京生まれ。認知科学者、計算機科学者、カーネギーメロン大学学士、
株式会社ドクター苫米地ワークス代表、角川春樹事務所顧問、天台宗ハワイ別院国際部長、などなど
たくさんの分野における肩書をお持ちの方です。

著者は多数。テレビやラジオなどのメディアにも多く出演しています。

苫米地氏の著作は、脳科学分野をベースにしていますが、
経済から宗教、語学教育に至るまでたいへん幅広い分野に及びます。
それだけの広く深い知識をもっているのが著者の大きな魅力といえるでしょう。

私は、苫米地氏のセミナーに行った経験がありますが、
著者の話は知的好奇心を刺激されるという意味で大変面白く興味を惹かれます。
本書をきっかけに著者の他の著作や講演、セミナーにいってみることをオススメします。

 

 

さて本書の構成と内容について紹介します。

 

本書は、プロローグと最終章に加えて1から4までの章で構成されています。

プロローグのテーマは、ズバリ「残り97%の脳の使い方」。
ここでは、本当に脳は3%しか使われていないのか、
について脳科学者である著者の立場から解説がくわえられています。
そして、プロローグのなかでもとくに注目して読んでほしいのは『「三つのものさし」を捨てよう』の部分です。私たちは、意識的にせよ無意識的にせよ、つねに「3つのものさし」を持ちながら生きています。
その「3つのものさし」とは、

①周囲にいる他人(ドリームキラー)
②社会の価値観
③仮想の自分

です。詳細は紙幅の関係上割愛しますが、是非とも内容をチェックしてみて下さい。
この3つの価値観を捨てるだけでも人生は大きく変化していくでしょう。

第1章は、「周りを自分の思い通りに動かす方法」です。
前述のとおり、これを身につけることができれば、人生の多くのことは思い通りに進んでいくでしょう。しかし、読む人によって印象は変わるかもしれませんが、
ここで書かれている内容を実践するのは、かなりハードルが高いように感じます。
あまり身構えず、こういった方法もあるのだ、というスタンスで読み進めたほうがいいかもしれません。

この章を読むと、「相手を思い通りに動かす方法」が身につかなかったとしても、
その手法を知ることで相手が自分を思い通りに動かそうとしている、ことに気がつくことができるでしょう。
その結果、相手の意のままに動かされるのを防ぐことが可能になります。それだけでも人生にとっては大きなメリットになります。

第2章は、『相手の「脳」と「心」を思い通りに動かす』というタイトル。
ここでも相手を思い通りに動かす方法が語られますが、その前提となる人間一般の心の働きやメカニズムについて多く説明がされます。
その知識は、次章以降で語られる自分自身の目標達成方法の実践に役立ちます。

第3章は、「思い通りの人生にするための「脳」と「心」の洗い方」。
本書のメインテーマの一つである「目標を達成する技術」について書かれた章です。
「スコトーマ」「コンフォートゾーン」「エフィカシー」と言った苫米地氏独特の言い回しや表現が頻出しますが、その概念を知るとそれらキーワードの重要性がわかります。
目標を達成するためには、「コンフォートゾーン」を抜け出し、高い「エフィカシー」を築き上げ、「スコトーマ」をなくせばいいのです。
この一文の意味がわかった時、あなたは一歩成功に近づくことができるでしょう 笑。

第4章は、「最新の脳科学と心理学から開発されたメンタル・トレーニング・プログラム」、ということで、これまでの章で語られた内容をいかにして身につけるか、そのトレーニング方法が書かれています。 

理論だけでなく、具体的なその実践方法が書かれているのは、とても親切です。
自己啓発の成功法則はときとして机上の空論に終わってしまい、「じゃあ、なにをすればいいの」となってしまいがちですが、本書ではそのようなことはありません。
「これまでの経験で非常に誇りに思っていることを5つ書く」「人生でうまくいかなかったことを5つ書く」など、やろうと思えばすぐにできるトレーニング方法が紹介されています。

 

最終章は、「「創造的無意識」の使い方」。「創造的無意識」とは「無意識にあるセルフイメージと現実が一致するように調整する」意識の力のことを意味します。
これだけでは、内容がわからないかもしれませんが、本書を読めば結論としてこの「創造的無意識」を上手く働かせることが目標達成のポイントであることがわかります。

 

以上紹介してきましたが、本書は、目標達成の方法を理論的な説明を交えてわかりやすく教えてくれる一冊です。
脳科学に興味がある人、目標達成方法の原理原則が知りたい人には是非読んでみて欲しいと思います。

 

超訳アニキの言葉

「目標達成の方法は常にシンプルである」

 

さて、本書の著者である苫米地氏ですが、本書以外にもヨミポで読める電子書籍を多く出版されています。

『「言葉」があなたの人生を決める』

『「言葉」があなたの人生を決める』

そのなかでもオススメしたいのは、『「言葉」があなたの人生を決める』です。
苫米地氏が推奨する目標達成方法である「アファメーション」について詳しく書かれた一冊。
是非あわせて読んでみて下さい。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

電子書籍アニキ書評 vol.89 橘玲著『幸福の「資本」論』(ダイヤモンド社)

間川さんコラム用

こんにちは!電子書籍アニキこと間川清です。

 

さて、今回前回に続いて、本で読んだ内容を身につける方法について、紹介したいと思います。

前回紹介した方法は、「いつでも見返すことのできる読書メモをつくる」という方法でした。

 

今回紹介する方法は、「読書の内容をアウトプットする」という方法です。

人は、頭の中の情報を誰かに伝えようとするとき、その情報を記憶しやすくなるという性質をもっています。
そして同時に、その内容を深く理解するようになります。 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

呼吸を変えたら願いが叶う!?人生を好転させる、そんな「まさか」な呼吸法!

57f11fcfad14636377af1d17b13d8d31_s

あなたは今日、何回呼吸をしましたか?

 

覚えていませんよね?さすがに無意識ですから。

 

このように私たちが「無意識」に行っていることが、どれほど沢山あることか…

 

ちょっとそんな「無意識」について、「意識」してみませんか?

 

今回は、普段はまず考えない呼吸についてのテクニックをご紹介します。 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

電子書籍アニキ書評 vol.88 嶋津良智著『マンガでよくわかる 怒らない技術』(フォレスト出版)

間川さんコラム用

こんにちは!電子書籍アニキこと間川清です。

 

さて、今回は本で読んだ内容を身につける方法について、簡単に紹介したいと思います。

読書に関する悩みで多いのは、読書時間が確保できないという悩みと、本で読んだ内容を忘れてしまう、という悩みです。

せっかく本を読んだとしてもその内容を忘れてしまったら、当然内容を身につけることもできません。
では、どうすれば本の内容を身につけることができるのでしょうか? 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

肩こりも肉離れもこれで解決!筋肉の仕組みを利用して“体の痛み”を消し去る「魔法のストレッチ」とは?!

f2698a67594ee1f918584f468b122436_s

からだを「ひねる」だけで疲れと痛みが消える。

 

・・・思わず疑ってしまいますね。笑っちゃいますね。

 

でも、そんなあなたもすぐに実感できます。そして、笑っちゃいます。

 

こんなに「ひねる」ことが大事なのかと!体で理解できるのです!

 

今回はそんな驚きのストレッチ方法をご紹介します!! 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

モチベーションややる気に左右されず、目標を必ず達成する驚きの方法!どうだ!

70b48ef14f776bb04700aa286eaf1f59_s

・ちゃんと目標を立てているのに、毎回達成できずに終わってしまう

・熱意をもって指導しているのに、部下が思うように成果を出してくれない

・簡単すぎたり難しすぎたり…目標の立て方が分からない

 

「目標を立てて行動しなさい」とはよく言われますが、このように目標を立てたとしても達成できるとは限りません。

 

目標が達成できない状態が続き、いつしか「目標を立てても達成できないのは仕方ない」という雰囲気になり、目標を持つことに意味すら感じなくなったという人もいるかもしれません。 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加