【今週のヨミPOINT!】主張を引っ込めるとモヤモヤが残る

12046903_1676552589254391_6657794435746513778_n
おはようございます。電子書籍サービス『YOMiPO』から名文をピックアップするコーナー、【今週のヨミPOINT!】。
今回は箱田忠昭『本当に言いたいことが伝わる技術』より「主張を引っ込めるとモヤモヤが残る」の一節をピックアップしました!

 

主張を引っ込めるとモヤモヤが残る

自己主張と言うと、否定的にとらえる人が少なくありません。変に遠慮して言うべきことを言わないために、しなくてもいいがまんをしていることが非常に多いのが現実です。これは、私が仕事でドイツを訪れたときの話です。 

仕事が終わって日本に帰るとき、フライトまで時間があったので、空港内の売店を何気なく見ていたら、ショーケースに飾ってある品のいいスカーフが目に留ま りました。そう言えば、土産を買っていませんでした。「ちょうどいい、いつもお世話になっている秘書とワイフに一つずつ買って帰ろう」と思いました。そこ で、カウンターの女性にお願いし、「このスカーフを二つ、お土産用に包んでほしい」と英語で頼んだのです。

私は外資系企業に長く勤めていたので英語には自信があります。間違いなく、「二つ包んで」と言ったはずでした。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【今週のヨミPOINT!】耳ひっぱりでグッスリ眠れるようになる理由

 

12003332_1674172332825750_8094310536133366340_n
おはようございます。電子書籍サービス『YOMiPO』から名文をピックアップするコーナー、【今週のヨミPOINT!】。今回は飯島敬一『耳をひっぱるだけで超健康になる あらゆる不調が一瞬で消える「神門メソッド」』より「耳ひっぱりでグッスリ眠れるようになる理由」の一節をピックアップしました!

 

耳ひっぱりでグッスリ眠れるようになる理由 

現在、5人に1人が睡眠障害というお話はしました。不眠は、副交感神経の働きが低下すると起こりやすくなります。副交感神経は休息をつかさどる自律神経です。副交感神経が十分に働けないと、人は体の芯から休むことができません。「いくら寝ても疲れがとれない」「睡眠時間はたっぷりとっているはずなのに熟睡感がない」「なかなか寝つけない」「夜中に目覚めてしまう」「まだ寝ていたいのに、早朝に決まって目が覚める」「眠りの浅さを自覚している」 

このように、睡眠に満足感を得られないのは、副交感神経がしっかりと働けていないからです。 

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目標達成のために20代から実践したい潜在意識の使い方

e2987730cc56ff251039925f792f7016_s

 

突然ですが、今、あなたは何か目標を立てていますでしょうか?

仕事、お金、生活、そして将来…
きっといろんな目標があると思います。

「こういう状態になりたい」のように自分が持つ願望を実現させるために、人々は目標を立てます。
当然、目標は達成するためにあるものです。
しかし目標を立てることは簡単ですが、達成させるのは難しいですよね。
これまで目標を達成できずに落ち込んだことが、あるのではないでしょうか。

目標を達成できなかった経験をしてしまうと、目標に対して躊躇してしまいがちになります。

すると、いつの間にか願望も実現できなくなり、小さくまとまっていくという非常にもったいないことになってしまいます。

しかし、今このページをお読みいただいているあなたには、夢や願望をでっかく持ち、そして実現させてほしい!
そのために目の前の目標を達成する方法をこれからご紹介します。

では目標を達成し、願望を実現させるようになるのは何が必要でしょうか?

お金でしょうか? 地位でしょうか?

実は「潜在意識」なのです。

潜在意識とは、あなたの奥底にある考え、思考であり、いわば無意識です。

潜在意識は普段意識していること(=顕在意識)とは相反するものですが、人間の意識・思考の大半を占めていると言われています。
無意識的な言動・行動はすべて潜在意識が元になっているのです。

ということは、普段の生活、行動、生き方など行動は潜在意識が元になっていると言っても過言ではありません。
つまり、あなたの生き方は潜在意識によって変わるとも言えるのです。

潜在意識を変え、生き方を変え、目標を達成し、願望を実現する
このような姿に生まれ変わりたい方、あこがれる方、必見です。
それでは追って読んでいきましょう!

  続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【今週のヨミPOINT!】言葉があなたをつくる!

 61VhuEBq9lL._SX338_BO1,204,203,200_

 

おはようございます。電子書籍サービス『YOMiPO』から名文をピックアップするコーナー、【今週のヨミPOINT!】。今回は箱田忠昭『「できる人」の仕事術&目標達成テクニック』より「言葉があなたをつくる!」の一節をピックアップしました!会社や仕事の現場で「できる人」になりたい、「できる人」として見られたいあなたのヒントになれば幸いです。ではさっそく行ってみましょう!

 

言葉があなたをつくる! 

心理学では、「言葉が現実をつくる」といいます。
子供に対し「お前はバカだ、バカだ」といい続けているとバカになり「お前はよい子だ、よい子だ」といい続けるとよい子になるといわれています。

これを「ピグマリオン効果」といいます。

 

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【今週のヨミPOINT!】なぜ、「先に与える男」が一流になるのか?

12011176_1676554572587526_9145660088439796534_n 

おはようございます。電子書籍サービス『YOMiPO』から名言をピックアップするコーナー、【今週のヨミPOINT!】。今回は井上裕之『欲求がない男は一流になれない!』より「なぜ、『先に与える男』が一流になるのか?」の一節をピックアップしました!ぜひお読みください!

なぜ、「先に与える男」が一流になるのか?

成功哲学などには「先に与える」という教えがあります。「まずは自尊心を満たせ」と「先に与える」は矛盾しているように感じるとしたら、「自尊心の満足」ということをもう一歩踏み込んで考えてみましょう。やりたいことをやり尽くして自尊心を満たそう。

経済的に満たされると自尊心も満たされる。
このような言い方をしましたが、自尊心の満足とは自分だけが儲けて、自分の欲求だけを満たすことではもちろんありません。

やりたいことをやり尽くすのは、確かに次の段階に進むためのひとつの要素ですが、やり尽くすための資金を得る行動は、「与える」ことから始めないと自己実現につながりません。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

好きなことでお金持ちになるためのお金持ちの生活とは…

f9e326d87748b37fa8ea82da1608c568_s

 

突然ですが、お金持ちになりたいと思いませんか?
お金持ちになると言うとちょっと語弊があるかもしれませんが、誰だってお金に悩まない一生を過ごしたいですよね? 当然ですが、お金持ちになるとお金で生活が追われることが無くなります。一生安泰して暮らす…そんな夢のような生活が出来るのです。

ではどうすればお金持ちになれるのでしょうか?
一生懸命に働く? 生活を犠牲にして身を粉にして働きまくる? それともお金持ちになれるような給料の高い職業に就く? もちろんこれらも一つの選択肢でしょう。
しかし…

・一生懸命に働いてもお金を使ってしまってはお金持ちになれません。
・生活を犠牲にして働いて身体を壊しては元も子もありません。
・お金持ちになれるような給料の高い職業がもしあなたに合わなかったら…

これらはあなたにとって本当に幸せな選択とは言えないでしょう。

ではもし、あなたの「好きなこと」をしてお金持ちになることができるのであればどうでしょうか? どんな未来を想像できますか?

おそらく今の生活とは打って変わって、幸せな生活が目に浮かぶのではないでしょうか。
「お金持ちになる」と気張って苦労してお金持ちになるために身を粉にしなくても、好きなことであなたやあなたの周りを幸せにさせ、そして結果的にお金持ちになる…

まさしく理想の生活ではないでしょうか。

ただ、その未来は今まで通りの普通の生活をしていては手に入りません。
ではどのようなことを実践したら好きなことでお金持ちになることができるのか。そんな理想の生活を手に入れることが出来るのか、さっそく見ていきましょう!

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【今週のヨミPOINT!】誰にも、あなたの成功を止められない

 12047103_1676554582587525_1554110021411838966_n

私は、どんな人にもその人特有の才能があると信じています。人によって形は違いますが、その人の味というものがあるのです。それをうまく出すことができれば、十分成功することは可能です。 

私がいつも残念に思うのは、みんな、成功への道の途中であきらめてしまうことです。あともう少しというところで、あきらめてしまうのを見ると、何ともいえ ない気持ちになります。本人が絶望してあきらめてしまえば、そこで終わってしまいます。 

私には、幸せで豊かな世界への道案内をすることはできます。しか し、あなたを背負って、その道を一緒に歩くことはできません。あなたが歩かなければ、誰もあなたの代わりに歩いてはくれないのです。

しかし、ここで良いニュースがあります。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「時間がない」と言わせない!3分間で学ぶ「時間の使い方」

a0002_005757

 

「あーもう、時間がない!」 

仕事やプライベートでついつい言っていませんか?
急がなくてはいけない場合や1週間のスケジュール、将来のことまで…
私たちは常に「時間」というなかで生きており、その時間に追われている人生を送っている人が多いのではないでしょうか?
果たしてあなたは正しい時間の使い方ができていますでしょうか?

「時は金なり」

時間の使い方を表すことわざにもあるように、時間はお金と同じくらい重要なものです。
お金は無駄に使わない、これは常識ですよね。

しかし、気が付けばついつい次のような生活をしていませんでしたか。

・テレビをダラダラ見る。1時間も。
・ネットサーフィンしていて気が付けば2時間が経っていた
・同僚とのグチばかりの飲み会。しかも3時間も。

こんな生活が一度だけならまだしも、これを繰り返すと無駄な時間だけがどんどん増えてしまいます。
無駄な時間を費やしたのに、気が付けば「時間がない!」ということになりどこかにしわ寄せが…ということにもなりかねません。
お金は無駄に使わないのに、時間は無駄に使ってしまっている…なんてことになっていませんか。

「時間の使い方」の不味さが「時間がない」を生んでしまっているのです!

あなたが無駄な時間を送っているあいだに、その時間を有効に利用するあなたのライバルがいます。
ライバルは時間がないとは言わずに、常に成長し続けます。このままだとあなたはライバルに、あっという間に追い抜かれてしまうでしょう。

しかもお金とは違って、時間は失ってしまったら二度と戻ってきません。

ということは時間の使い方を見直す必要があります。
しかも、出来る限り今、あらゆる行動に対する無駄な時間を短縮・削減し、重要なことに時間を使うことがなにより大切です。

ではどのように無駄な時間を短縮・削減し、時間を作りだすか、
あなたにとって「最適な時間の使い方」の最初の一歩をこの記事で学んでみましょう!

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビジネスや面接から合コンまで!3分で使える自己紹介の方法

d33a7c040b91a60c61a5a918805baacc_s

 

 

あなたは自己紹介は得意ですか?
会社や交流会から合コンまでいろんな場で自己紹介をする場があると思います。自己紹介は自分の存在をアピールするチャンスです。

しかし、自己紹介したところであまり覚えてもらえない…なんて経験をしたことがありませんか。
自分は覚えてもらえなかったのに、パッとしないアイツが人気者になっている。なぜ?って疑問に思ったことがありませんか?

それは自己紹介によって相手の心をつかんでいるからなのです。

たったの3分の自己紹介で相手の心をつかみ、
ビジネスや面接から合コンまで自分の存在を印象づけ、相手をとりこにしているのです。

相手をとりこにするかどうかはズバリ、自己表現の差です。
あなたがもし、自己紹介のあとパッとした成果を収めることが出来なかったら
それは常識的すぎる自己紹介をしていることに終始しているのかもしれません。

常識的過ぎる自己紹介は相手にとって魅力が無いのです。
さらに覚えてもらえなければ存在すら認識されないのです。

では相手にとって魅力ある自己紹介するには何が必要なのでしょうか?
たった3分の自己紹介であなたが存在感あるように印象づける方法をみていきましょう。

 

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フェイスブックの「いいね」をお金にする3つの手法

e99989e4974fac2eb5b65fed16a9da7d_s

 

突然ですがフェイスブック、楽しんでいますか?
フェイスブックで、食事の話、どこかへ行った話、感動する話など話題がたくさんありますよね。
あなたも投稿していると思います。
投稿した記事に対して「いいね!」をもらえたらうれしいですよね!

趣味の話だけでなく、あなたのビジネスの話にも「いいね!」が集まってきます。「いいね!」の数字があなたへの共感力となって測られます。人が集まれば共感力が強くなり、あなたの商品やサービスが買われ、お金に替えられると思うかもしれません。

しかし、「いいね!」が集まってもあなたの商品を買ってくれたり、あなたの活動に参加してくれたりすることが無い、結果的にお金にはならないということになっていませんか?

フェイスブックの広がりから共感マーケティングという言葉が生まれました。
「いいね!」を多く集めることで、口コミを呼び、購入に結びつけるという、マーケティングの手法として注目を浴びました。

しかし実際にお金にならないのでは、「いいね!」をたくさん獲得することがマーケティングの手法として正しいのか甚だ疑問です。「いいね!」が増えてもお金にならないということは、共感だけではお金にはならないということなのです。マーケティングの手法として、共感を獲得するだけでは足りないということなのです。
では「いいね!」をどうすればお金に換えることが出来るのでしょうか?

実は共感以上に必要なコトがあったのです。「モノ」を売るのではなく、「●●」を売ることだったのです。
その「●●」の正体は何なのか、このあとの本編で見ていきましょう。

 

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加