好きなことでお金持ちになるためのお金持ちの生活とは…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
f9e326d87748b37fa8ea82da1608c568_s

 

突然ですが、お金持ちになりたいと思いませんか?
お金持ちになると言うとちょっと語弊があるかもしれませんが、誰だってお金に悩まない一生を過ごしたいですよね? 当然ですが、お金持ちになるとお金で生活が追われることが無くなります。一生安泰して暮らす…そんな夢のような生活が出来るのです。

ではどうすればお金持ちになれるのでしょうか?
一生懸命に働く? 生活を犠牲にして身を粉にして働きまくる? それともお金持ちになれるような給料の高い職業に就く? もちろんこれらも一つの選択肢でしょう。
しかし…

・一生懸命に働いてもお金を使ってしまってはお金持ちになれません。
・生活を犠牲にして働いて身体を壊しては元も子もありません。
・お金持ちになれるような給料の高い職業がもしあなたに合わなかったら…

これらはあなたにとって本当に幸せな選択とは言えないでしょう。

ではもし、あなたの「好きなこと」をしてお金持ちになることができるのであればどうでしょうか? どんな未来を想像できますか?

おそらく今の生活とは打って変わって、幸せな生活が目に浮かぶのではないでしょうか。
「お金持ちになる」と気張って苦労してお金持ちになるために身を粉にしなくても、好きなことであなたやあなたの周りを幸せにさせ、そして結果的にお金持ちになる…

まさしく理想の生活ではないでしょうか。

ただ、その未来は今まで通りの普通の生活をしていては手に入りません。
ではどのようなことを実践したら好きなことでお金持ちになることができるのか。そんな理想の生活を手に入れることが出来るのか、さっそく見ていきましょう!

【目次】

はじめに
プロローグ「大好きなこと」と「お金持ち」を両立させるには?
「好きなことをやる自由」を自分にあげることが最初のステップ
キャッシュポイント—あなたの才能をお金に変える 
誰にも、あなたの成功を止められない
あなたらしい生き方で輝く!

第1章 大好きなことをして成功する人
「大好きなことをやらなきゃ、幸せに成功なんてできないよ」
人は、自分が考えるような人生を生きている
大好きなことで成功する人の5つの幸せ
大好きなことで成功する人の7つの特徴 
普通の人は、なぜ成功できないのか?

はじめに

あなたは自分の大好きなことをやって生きていますか?
 
もし、そうでないのなら、あなたは何のために人生を生きているのでしょう?
生きていくため? 家族のため? 両親のため? 会社のため? それとも何となく?
 
あなたは、大好きなことをやって、人生を生きることができます。しかも、お金に制限されることなく、自由に生きることが可能なのです。

好きなことをやり、世界中を旅行して、何でも好きな物を買える経済的自由。それらをすべて手にすることができるのです。
 
私は、「大好きなことをしてお金持ちになることができる」ということを伝えたくてこの本を書くことにしました。

「大好きなことをしてお金持ちになる」という生き方

1db8280c78d3109fac166b9a8e026a78_s

私は、会計事務所、経営コンサルティング、ベンチャーキャピタル会社の経営を通じて、多くの成功者を見てきました。彼らの多くが、会社をいくつも経営している金持ちで、世間的には、成功者とみなされる人たちでした。

しかし、彼らの家庭は崩壊していたり、お金を失う不安にさいなまれていたり、幸せとはほど遠い生活をしているのを目の当たりにしてきました。表面的な生活が華々しいだけに、私にはかえってとてもみじめに見えました。

一方で、大好きなことだけをやっている人たちにもたくさん会ってきました。私は若い頃ヒッピーっぽい生活もしていたので、「大好きなことだけやっていれば、金なんかいらない」という人たちに囲まれていた時期がありました。ただ、彼らは彼らで、人生で手に入れられる豊かさを楽しんでいない感じがしました。

そして、大多数の人は、豊かでもなく、大好きなことをしているわけでもない人生を送っています。

私は、二〇歳の時、幸せでかつ豊かに暮らしている人たちの存在を知り、人生最大のショックを受けました。彼らと生活を共にして、今までに想像もしていなかった世界があるのを知りました。
それ以降、おもしろいように、次々と「幸せな金持ち」に出会えるようになったのです。彼らと時間を過ごすうちに、自分でもそういう人生を送りたいという熱い思いをふつふつと感じました。

十数年の時を経て、現在は多くの友人とともに、私も大好きなことで自由に生きる人生を実現することができました。育児セミリタイヤしている時も、友人やクライアントの紹介で、相談を受けるようになりましたが、いつも同じ話ばかりしなければいけないので、一度、私が知っていることを体系的にまとめてみたいと考えていました。

「幸せな金持ち」へのステップを具体的に教えてほしいというたくさんの方のリクエストに応えて、一連の「幸せな小金持ちシリーズ」を書いたのです。この本は、幸せに成功したいという人を対象にしています。ですから、「何でもいいから億万長者になりたい」とか、「好きなことだけやれれば何もいらない」とか、「普通の人生でいい」という人には、あまり向いていないことをお断りしておきます。

シリーズ四冊目の本書は実践ステップを意識して書きました。これまでの三冊は、いわば、人生の土台を作るような役割を果たし、「幸せで豊かに生きる」心構えを説明してきました。

『幸せな小金持ちへの8つのステップ』では、幸せで豊かな人生のガイドラインを明らかにし、『お金のIQ お金のEQ』では、お金と幸せの関係を、『ライフワークで豊かに生きる』では、仕事と豊かさの関係についてお伝えしてきました。

いよいよ本書では、その考え方を元に、実際に何をどうすればいいのかをお伝えすることになります。何といっても私は、もともと実践派の人間です。今日から何をやれば明日の利益につながるのかを追求してきたのす。

ですから、精神的なことを先に書かなくてはいけないことに、多少のいらだちを覚えていたほどです。でも、私の教わってきたことを忠実に再現するためには、このステップがどうしても必要だったのです。

ようやく、本書から始まる「実践編」を書けることに、ワクワクしています!

私のライフストーリー 二度のセミリタイヤから学んだこと

私は、三〇歳の時に、一度目のセミリタイヤ生活をスタートしました。当時、私は、会計事務所と経営コンサルティングの会社を経営していました。
娘の出産の前後をずっと家族で一緒に過ごすために、仕事のペースを落としたことが、セミリタイヤ生活のきっかけでした。しばらく仕事を休もうと長めの育児休暇を取るつもりが、気がついたら四年間の育児セミリタイヤ生活になったわけです。

当時の顧問先は、私のアドバイスの有無に関係なく順調に成功しており、高額なコンサルタント料をもらっていた割には質素な生活をしていたので、ある程度の資産ができていました。また、娘の出産を見届けるようにして妻の父が亡くなり、遺産を受け継ぐことになりました。

バブルでわくアメリカのお金が日本に流れてくると見ていた私は、資産家の海外の友人たちと、ベンチャーキャピタルの会社を立ち上げ、投資家としての人生をスタートさせたわけです。
予想が的中し、日米で株価が急騰したおかげで、あっという間に、小金持ちになってしまいました。
そういったわけで、最初は長めの休暇だったつもりが、そのまま育児セミリタイヤ生活になったのです。

ハワイのあるリゾートホテルに滞在している時に、プライベートビーチで最高の夕日を見ながらも、一〇〇%ハッピーでない自分に気づきました。

「多くの人が夢に見るような瞬間を過ごしているはずなのに、どうして僕はハッピーじゃないんだろう?」

そのマイルドな不幸感は、その後も影のようにまとわりつき、私をじわじわと苦しめました。ある時、「もうこんなものを感じながら生きるのはイヤだ!」と思い、この不幸感の原因がいったい何なのかを自分なりに探すことにしました。

ようやくその原因が分かりました。「自分が、人や社会と何も分かち合っていないから不幸なんだ」ということに気づいたのでした。

バリバリ仕事をしていた昔は、多くの人に喜ばれ、感謝されていました。会社の売り上げを伸ばしたり、社員のモチベーションをアップさせたり、躍動感あふれる人生でした。ビジネスがテーマなのに、泣きだす人がいるくらい感動的な講演も全国的にしていました。 

それに比べて、今は、お金はたくさん入ってくるのに、誰も喜ばせていないし、感謝もされない。それで、自分は何となく不幸せなんだと思い至ったのです。

ちょうどそんな頃に、「ペイ・フォワード」という映画を見ました。簡単にストーリーをいうと、勇気ある小学生の少年の物語です。

社会科の授業で、「社会をよくするために、何ができるか?」を考える課題で、少年は、三人の人に無償の親切な行為をして、それを受けた三人が、誰かほかの人に同じように親切な行為をするというのです。その親切な行為をどんどん先送り(ペイ・フォワード)すれば、社会が良くなっていくと少年は考えます。その運動をしていく過程で、少年はいろんな抵抗や挫折を体験しますが、それでも勇気を持って挑戦するというストーリーです。

その映画が終わった時、私は、涙でボロボロになりました。あの少年の思いを自分もペイ・フォワードしようと考え、「そうだ、自分も人に喜ばれるような何かをやろう!」と心に決めたのです。

「大好きなことでお金持ちになる」モデルケースの実験

そこで、本書でも紹介するステップを踏んで、自分にできそうなこと、やると楽しそうなことをリストアップしていきました。そうして得た結論は、「自分ができる最大の貢献は、大好きなテーマであるお金と幸せについての知恵を分かち合うことだ」というものでした。

自分の考えを丸一日で書き上げ、それを友人に配りました。よかったら、それを周りの人にもコピーしてあげてほしいと伝えました。当時はまさか、それが世界中に飛ぶように広がっていくとは想像もしていませんでした。
 
そうやってスタートしたプレゼント小冊子は、あっという間に多くの人に読まれ、口コミで広がっていきました。それと並行して、幸せで豊かに生きるための知恵を分かち合う会社をスタートしました。二〇〇一年の一〇月のことです。

妻と話し合い、「半年後にはまたセミリタイヤ生活に戻る」という条件で、再びビジネスの世界に戻ったのです。それから半年でチームを作り、自分がいなくても回るビジネスシステムを作り上げました。この本でお伝えするいろんなノウハウを使い、会社が自動操縦で動くようにしたわけです。

その陰には、優秀でハートの素晴らしい仲間やスタッフたちのサポートがありました。単なるシステムだけでなく、深い信頼関係があればこそ可能になったのだと思います。また、私のビジョンに共鳴してくれた何千人という方々のご協力もいただきました。この場を借りて、心からお礼を申し上げたいと思います。

ビジネスをスタートして、ちょうど半年後の二〇〇二年の三月には、妻との約束通り再びセミリタイヤ生活に戻ることができました。

現在は、娘の幼稚園のために長野に引っ越したので、東京に数カ所ある私のオフィスには、数カ月に一回ぐらいしか行かなくなりました。それでも、会社がうまく回っています。

本書のノウハウを使って、年商数億円のビジネスを半年で作り、セミリタイヤするというモデルケースを作ることができたのです。

今では、海外からも多くの問い合わせがあり、世界中に広がっていく予定です。この半年のいろんなドラマは、いずれ本やホームページで公開したいと思います。

本書にあるステップを着実に踏めば、最短半年で「大好きなことでお金持ちになる」ことができます。もちろん、多くの人は、経営の専門家ではないので、そんなに短期間では難しいかもしれませんが、時間をかけてスキルを身につければ、あなたの成功は誰にも止められないことでしょう。

プロローグ

 「大好きなこと」と「お金持ち」を両立させるには?

成功のために、自分の嫌いなことを我慢してやる人がたくさんいます。「我慢して、なんぼや!」という言葉が端的にそれを表しているでしょう。
 

それに反して、私が出会ってきた幸せな金持ちたちは、それとはまったく逆の生き方をしています。彼らは、人生のある時点で大好きなことを見つけ、それを追い続けた結果、成功しているのです。我慢して成功したなんていう人には、一人も会ったことはありません。

今まで私のところに相談に訪れた野心家の青年の多くは、逆に成功を先に望みます。成功さえできれば、どんな方法でもかまわないといいます。そして、だいたいが、当たりそうなこと、儲かりそうなことに手を出して、失敗していくのです。

好きなことをやる方が、はるかに成功する可能性が高いと私は考えています。なぜなら、大好きなことをやると成功しやすくなるのは、ツキがよくなるからです。大好きなことをやると、本人が楽しめるので努力が苦になりません。生き生きとして仕事をしているあなたを見て、応援してくれる人も出てきます。楽しいことなので、やる気も持続できるし、そのパワーに多くの人が惹きつけられるようになります。

ただし、「好きなことをやると、お金は後からついてくる」という言葉がありますが、実際はなかなかそうなりません。それは、好きなことが必ずしも成功につながるとは限らないからです。

そうなるためには成功する仕組みを作る必要があります。その仕組み作りがうまくできて、はじめて、経済的な成功もついてくるようになるのです。

前著では、天職の見つけ方をいろんな角度からお話ししました。幸せな小金持ちシリーズの四冊目の本書では、そのライフワークを「いかにうまく仕事やビジネスに結びつけるのか」というお話をします。


「好きなことをやる自由」を自分にあげることが最初のステップ

今まで受けた相談で最もよくある二つは、「好きなことが何か分からない」と「好きなことをどう仕事やビジネスにしていいのか分からない」というものです。好きなことが分からないのは、日本では普通の状態かもしれません。
 

我慢することが大切な文化ですから、「好きなことをやる=わがままで自分勝手=自己中心で悪いヤツ」という構図があるのでしょう。
 

学校でも、好きなことはなかなかやらせてくれません。算数が好きでとても良くできる子は、もっと算数をやりなさいとはいわれないはずです。「算数はいいから、国語をやりなさい」と苦手なことをやらされるのです。そうやって、嫌いなことをやる習慣がついてしまっているわけです。

普通の人は、小学校に入る六歳ぐらいからずっと、好きなことより、我慢して嫌いなことをやる人生を送っています。いったんは会社に勤めてみて、今の仕事はイヤだということは分かっても、では、「何が好きなこと」なのか、「やりたいことが何」なのかが、さっぱり分からなくなってしまうのです。
 

「我慢」は時には素晴らしい特質でしょう。しかし、「嫌いなことを我慢してやるのは、自分自身を傷つけることだ」と私は思います。
 

大好きなことをやって成功する人生の第一歩は、ある意味で「ワガママになること」です。周りの目を気にせず、好き放題のことをやってみようと決めることです。

現在成功している人は、紆余曲折を経て、自分の大好きなことに出会っています。いろんな不安と戦いながらも、夢中でそれをとことんつきつめてやっているのです。
 

自分の夢へのひたむきな思いが、あなたの中に眠る創造性、情熱、才能を解放することになります。そして、発見した自分の才能を洗練させ、リスクを冒しながら多くの人と分かち合う人生を生きるのです。その流れの中で、チャンス、新しい出会い、多くの人、ひいてはお金を引き寄せるようになります。

 

キャッシュポイント—あなたの才能をお金に変える 

私は、コンサルティングをする時に、それが会社であれ、個人であれ、その人特有の「キャッシュポイント」を探るようにしています。

キャッシュポイントとは、それをやるだけで、経済的に豊かになってしまう「豊かさの源泉」のことです。
 
どんな人にも、その人特有の才能があります。それが、お金にしやすいかどうかという差はありますが、誰にでも必ずあるものです。

成功する人は、人生のある時点でこのキャッシュポイントを見つけていることが分かります。
 
フォード・モーターの創設者、ヘンリー・フォードは、成功の秘訣を聞かれて、「自分はただ宇宙の無限の豊かさにつながっただけだ。だから、もし全財産を失っても、数年で取り返せるだろう」と答えています。
 
自分の内奥に眠る資産を現金化する方法さえ見つけてしまえば、恐れるものは何もなくなります。このキャッシュポイントを、いかに探って掘り当てるかが本書のメインテーマなのです。

「話すこと」がキャッシュポイントだと知って、現在はセミナーの講師で成功している人、物を作って喜ばれたのをきっかけに芸術家になった人がいます。自分の中にあるキャッシュポイントを見つけ、それをお金に変えることができた時、この上ない幸福感を感じます。たいてい彼らは、「こんなことで、お金をもらっていいんですか?」といいます。
 
それで、いいんです! それをどんどん掘り進めることです。
 
すると、「人は喜んでくれる」「自分も最高に楽しい」「お金がざくざく入ってくる」という夢のような人生が実現できてしまうんです。
 
本書では、今まで私が出会ってきた成功者や友人たち、そして私が実際に体験した方法を実践的にまとめています。
 
私自身、自分が見つけたキャッシュポイントから、この十数年で何億円も掘り出しました。クライアントのキャッシュポイントの分も入れると、何十億円という単位のお金を掘り出してきたわけです。
 
今までの体験からいうと、どんな人にも必ずキャッシュポイントはあります。今は、信じられないかも知れませんが、あなたの中にも、まだ気づいていない才能がいっぱいあるのです。その「眠れる資産」をいかにお金に変えるのかということを肩の力を抜いて、ぜひ一緒になって考えてみてください。
 
私が、税理士だった父や金持ちたちに教わったことの一つは、お金を見つける眼力を鍛えることでした。
 
〝金持ちには見えるお金〞が、普通の人には見えません。
 
そのお金をどうやって見るのかというコツをお伝えしたいと思います。

 

誰にも、あなたの成功を止められない 

私は、どんな人にもその人特有の才能があると信じています。人によって形は違いますが、その人の味というものがあるのです。それをうまく出すことができれば、十分成功することは可能です。

 
私がいつも残念に思うのは、みんな、成功への道の途中であきらめてしまうことです。あともう少しというところで、あきらめてしまうのを見ると、何ともいえない気持ちになります。本人が絶望してあきらめてしまえば、そこで終わってしまいます。
 
私には、幸せで豊かな世界への道案内をすることはできます。しかし、あなたを背負って、その道を一緒に歩くことはできません。あなたが歩かなければ、誰もあなたの代わりに歩いてはくれないのです。
 
しかし、ここで良いニュースがあります。
 
それは、「あなた以外の誰も、あなたの成功を止めることはできない」ということです。

あなたは、自分の才能を輝かせるという点で、最高の親友として、自分自身をサポートしているでしょうか? それとも、最悪の敵として、才能が出てこないように邪魔をしているのでしょうか? あなたが、自分の才能を信じてあげなければ、誰が信じてくれるというのでしょう。
 
この本を読んでいる間にも、様々な内面の声が聞こえてくることでしょう。
 
「お前にはどうせ無理だよ」「どうせ、才能のある人だけができるんだから」「思ったよりも簡単かも」「夢を見るだけ、後が辛いぞ」「ひょっとしたら、できるのかな」など、プラス、マイナスの声が入り乱れてくるはずです。
 
その声を聞きながら、よく考えてください。
 
どの声を信じるかで、あなたの人生が決まります。
 
成功者は「最高の理解者」「ファン」「友人」として自分に接しているのです。あなたはどのように自分を扱っているでしょうか?

 

あなたらしい生き方で輝く!

先行き不透明の時代になって、ますます自己責任が求められる時代になりました。長年勤めた会社をリストラされて、一時的に混乱する人も出てくるでしょう。
 
ですがリストラを「自分らしい人生を生きるチャンス」として考えられるなら、自分のライフワークを見つけることも可能です。
 
自分とは誰なのかをはっきり理解し、自らの才能を磨いている人には、素晴らしい時代でもあります。今までの様々なしがらみがなくなっていくので、より自分らしさを発揮することができる時代になったのです。それは、自分中心に生きていく人生ともいえます。 
 
一見、不況だ、リストラだと暗いような時代の流れも、実は「幸せを後押ししてくれている」とは考えられないでしょうか。
 
勇気を持って、自分の人生を生きようとする人には、たくさんのご褒美 が用意されています。その多くは、不安や恐れ、疑いの陰に隠れて、あなたを驚かせようと待っているのです。
 
私自身、暗く、苦しいところをたくさん通りましたが、そのたびに、自分の人生が豊かになっていくのを実際に体験してきました。あなたも、人生の神秘、すばらしさ、経済的な豊かさを心ゆくまで受け取ってください。
 
人生の宝探しの旅案内人として、この本から、幸せに豊かに生きるヒントが見つけられることを願っています。
 
では、いざ出発。お楽しみあれ!

幸せな小金持ちシリーズ 今までのストーリー

一作目 『幸せな小金持ちへの8つのステップ』 (ゴマブックス刊)
 
「独立して成功すること」を夢見る二六歳のサラリーマンの健二とガールフレンドの礼子。二人は、育児セミリタイヤしているお金の専門家、マリちゃんパパに教えを請う。
 
その教えの中で、幸せで豊かに生きるためには法則があり、それに従えば、誰でも豊かになることができることを知る。シリーズ一作目では、幸せに成功している人の秘訣やそういう人生へのステップを教わる。

二作目 『お金のIQ お金のEQ』 (ゴマブックス刊)
 
さあ、独立するぞとやる気まんまんだった健二だが、いざ会社を辞めようという時に、お金に対する恐怖で足がすくんでしまう。独立する前に、お金のことを学びたいと思った健二と礼子は、再びマリちゃんパパを訪れる。シリーズ二作目では、お金と幸せの関係を教えてもらう。また、お金に関する体系的な知恵を授かった二人は、いよいよ自分たちのライフワークを見つけようと心に決める。

三作目 『ライフワークで豊かに生きる』 (ゴマブックス刊)
 
自分の大好きなことをやって生きると心に決めた健二と礼子だったが、なかなか自分のやりたいことが見つからない。そこで、再度マリちゃんパパを訪ねる。ライフワークとは何か、どうすれば見つかるのかなどを教えてもらう。そこで、「幸せの源泉」という考え方を知る。自分が心から楽しめることを形にする方法、ライフワークを生きるための8つのステップを教わった二人は、大好きなことを、どう具体的なビジネスにするかを考え始める。
 
具体的な行動に移す前に、自分たちのビジネスプランを抱えて、マリちゃんパパを訪ねた二人だが……。
ほとんど鳴らない携帯電話のベルが鳴った。
 
健二「あのぅ、また公園に来ているんですけど、時間いただけますか?」

パパ「今ちょうど家に帰るところなので、よかったらうちに来ませんか? 公園の出口のところで待ち合わせしましょう」
   
公園から五分ほど歩くと、マリちゃんたちが住むマンションについた。
   
そこは閑静な住宅街にあるマンションの一室で、マリちゃんママが、二人をにこやかな笑顔で迎えてくれた。二人は窓一面に緑がきれいに見えるリビングに通され、ソファーに腰掛けた。部屋の中にある家具は、どれも質素でシンプルなものだった。
 
健二「ありがとうございます。今日は、今までと違って、気分的には、ばっちりですよ。あれから、いろんなことを体験して、準備を整えてきたつもりです」

礼子「そうなんです。とりあえず私が今の仕事を続けている間に、健二君に先に自分のビジネスをスタートしてもらおうという話になったんです」
 
健二「今回は、もう少しつっこんだ具体的な話を聞きたいと思ってきました。結構気合い入ってます!」

パパ「ずいぶん進んだんですね。うれしい限りです」
 

健二「でも、同時に迷っている自分もいて、今の経済的な安定を捨てたくないなとも思っているんです。たいした安定でもないんですけどね。今の会社にいさえすれば、せっかく毎月給料をもらえるのに、そんないい仕事を捨てるほど、価値があるんだろうかってね」
 
礼子「私は健二君に羽ばたいてもらいたいんです。この人は、このまま会社にいたらつぶされてしまうんじゃないかって心配なんです。彼は自由に羽ばたいてこそ、輝く人なんです」
 
パパ「美しいなあ〜。そんな愛の絆が独立を成功させるんですよね。感動しちゃうな、まったく。そんな絆があったら、きっと大丈夫です」
 
健二「独立するっていうことは、今からの時代どうなんでしょうか? 先行き不透明なのに、果たしてそんなことしていいのかっていう迷いは捨て切れません。本当に大好きなことをやって成功できるのか、そのあたりをもう一度聞いてみたいんです」
 
パパ「分かりました。最初は、前のお話の復習から入りましょう。そして、いよいよ、今回あたりから実践的な話になりますよ。この話を聞いちゃうと、もう後には戻れないかもしれませんよ」
 
礼子「ちょっと怖いけど、聞いてみた〜い」
 
健二「こちらこそ望むところですよ」
  
というわけで、今回のマリパパのレッスンが始まったのだった。


第1章 大好きなことをして成功する人

「大好きなことをやらなきゃ、幸せに成功なんてできないよ」

アメリカにいた二〇歳の時、ユダヤ人の富豪にいわれたこの言葉は、私の人生を大きく変えてしまいました。彼は、何気なくいったのかも知れませんが、この言葉の持つインパクトは、はかり知れません。

今までに私を含め、数千人の人生を大きく変え、これからも多くの人の人生を変えていくことでしょう。
 
日本には、「我慢に我慢を重ねたら、その先に成功がある」という考え方が、根強くあります。この本でお話しすることは、今までの考え方とは大きく違っているかもしれません。
 
自分の今までの考え方と違うものに出会った時、あなたには、二つの選択肢があります。「間違っている」といって否定することもできるし、「どういうことだろう? もっと知りたい!」と好奇心を示すこともできます。
 
成功する人は、好奇心旺盛です。新しい考え方が良いと思ったら、どんどん取り入れて、人生を変化させていくのです。

 

人は、自分が考えるような人生を生きている

私が、ある大富豪から教わったことの中で、人生を大きく変えた言葉に、「人は、自分が考えるような人生を生きている」というものがあります。別のいい方をすれば、今のあなたの人生は、今まで考えてきたことの総決算であるともいえます。
 
普通の家庭に生まれ育ち、普通の教育を受け、普通の友人とつきあっていれば、普通の人のように考え、普通の人生を生きるでしょう。親戚や両親がサラリーマンの子供は、たいてい疑問を持たずに、同じ道を歩みます。

両親や親戚が成功している事業家の子供は、同じように事業家になります。両親や親戚が医者の子供は、医者になっていきます。それは、彼らにとって当然のことなのです。小さい頃から、「人生とはこんなものだ」という観念をそのまま生きているのです。
 
今、あなたの周りにいる人たちの人生はどうですか? 彼らと同じような人生を生きたければ、そのままでいいでしょう。しかし、そうではないのなら、あなたが生きたい人生を明確にしなければなりません。
 
私は、普通の人が、楽しい人生を生きられない一番大きな理由は、「楽しい人生を生きている人を知らない」ことだと考えています。普通の人の周りには、普通の人しかいません。幸せで豊かに生きている人たちとは、人生のリズムが違うからです。幸せで豊かに生きている人の人生を知った上で、その人生を生きたいかどうかを選択すればいいのです。

 

大好きなことで成功する人の5つの幸せ

6a869fdf43dc529f6dfcd04b95dadc1f_s

1 何でもできる自由
 
大好きなことで成功している人の人生最大の喜びは、何をやってもいい自由です。朝起きた時、「さあ、今日は何をやれば楽しいかな?」と考えます。同じTO│DOリストが、普通の人には、「やらなきゃいけないリスト」でも、幸せに成功している人にとっては、「やったら楽しいことリスト」なのです。
 
何カ月も海外旅行に出てもいいし、行かなくてもいい。ゴルフに行こうと、自分の会社に顔を出そうと自由です。人生でイヤイヤやらなきゃいけないことなんて、ほとんどありません。人生を生きるのに、その価値基準はただ一つ、それをやりたいかどうかだけなのです。

2 経済的自由

「経済的自由」とは、お金から解放されている状態を意味します。いくらお金があっても、お金の不安にさいなまれている人は、自由とはいえません。
 
普通の人は、経済的自由とは、たくさんの銀行預金や不動産などの資産だと思っていますが、私はそれプラス「精神的自由」も必要だと考えます。
 
幸せに成功している人たちの多くが、貧しかったり、普通の状態から、成功を手に入れています。ですから、もし、すべてを失うようなことがあっても、彼らにはまたゼロからやり直す自信があります。その自信のおかげで、お金を失う不安をあまり感じなくてすみます。

一生食べていくお金があることと、もし万が一お金がなくなっても、すぐに稼ぐことができるという自信は、心の余裕を生みます。これこそが「経済的自由」なのです。

3 最高の友人関係
 
大好きなことで成功する人生の素晴らしい点の一つは、最高の友情を得ることができることです。成功してくると、自分の専門分野以外にも、経済的、社会的に成功している友人が自然とできます。それは、自由で幸せに成功する人はお互い引き合うからです。
 
彼らはクリエイティブで、楽しいことが好きで、与え好きでもあります。こういう人は、磁石のようにお互いに引き合うようです。年齢や性別、分野に関係なく、一緒に食事したり旅行したり、お互いの家を訪ね合ったりするのです。

自由でポジティブなつきあいは、人生でも最も楽しいものの一つです。自分とまったく畑違いの分野で成功している友人とは、世間話をしているだけでも、いろんな刺激を与え合うことができます。

4 人を助けることができる
 
いったん成功すると、以前には思ってもみなかった力を持つようになります。その一つが、人を助けてあげられることです。それも、単なる経済的な援助だけでなく、いろんなレベルで助けてあげられるようになります。しかるべき人を紹介してあげたり、チャンスを提供したり、的確なアドバイスを与えることができます。
 
彼らは、直接助けてくれることもありますが、当人に気づかれないように、こっそり助けてくれることも多いのです。それが、彼らの粋なやり方なのです。私も、そういうやり方で多くの成功者に助けてもらって、気づいた時、何度感謝の涙を流したか分かりません。

5 心の平安と感謝に満ちた日々
 
大好きなことで成功する人は、感謝でいっぱいの毎日を送ります。というのも、自分の才能を開花させてくれた恩人たち、ファンの人たちに支えられて今日の自分があるのを知っているからです。ライフワークを自由にできるのも、そういう人たちがいるからこそです。
 
幸せに成功している人全員に共通していえるのは、自分はラッキーだと思っていることです。実際に、話を聞いているとウソのように奇跡的なことが起こり、何度もピンチを救われていたりします。
そういう過去があるので、現在の成功は決して自分一人の力で成し遂げたなんてことを考えていません。ほんの些細なことにも感謝してくれる気持ちのいい人たちです。
 
おもしろいのは、人は誰かに心から感謝しながら、同時に意地悪になったり、イライラできないものです。感謝することだらけなので、彼らの心は平安に満ちているのです。

 

大好きなことで成功する人の7つの特徴 

同じように、成功する人の人生がほかの人たちとどのように違うのかというお話もしてみましょう。

1 大好きなことを中心にすえて人生を生きている
 
彼らとつきあっていて驚くのは、「自分がはっきりしている」ことです。普通の人なら、嫌なことでも我慢してやるものですが、彼らには妥協がありません。自分がそれをやるかどうかは、それが好きかどうか、やりたいかどうかで決めるのです。
 
人生を司る指針のようなものは、誰にでもあるでしょう。普通の人だったら、「他人に迷惑をかけない」とか、「コツコツ努力しよう」とかかもしれません。大好きなことで成功する連中の指針は明快です。
 
「自分が楽しいことをしよう!」
 
彼らは、自分が心から楽しいと思うことをするのが、周りの人の幸せにもつながると信じています。好きなことをやっているからといって、彼らがワガママで自分勝手というわけではありません。大人としての責任もとった上で、大好きなことをやる生き方なのです。

2 自分のライフワークに強烈なプロ意識を持っている
 
彼らと話していて感じるのは、自分の専門分野への強烈な愛情です。執着ともいえるほど、こだわりがあるのです。
 
ある成功者はダイヤモンドのディーラーでしたが、ダイヤに関する知識なら誰にも負けないという自信にみなぎっていました。そして、ダイヤを売ることにかけては、絶対にお客さんに損をさせないというプライドが感じられました。うかつに、彼の仕事にけちをつけようものなら、タダではすまされぬような気合いと情熱があるのです。
 
それだけ、自分のライフワークと真剣に向き合っているから、彼らは成功できたのでしょう。その分野に関することを知るのは、楽しくてしょうがないようなのです。
 
そういう私も、自分が大好きな「幸せに成功する」という分野では、誰にも負けないだけの本を読んできたし、インタビューをしてきたという自信があります。それは楽しくてしょうがないことなので、やるなといわれるほうが難しいことなのです。

3 お金を受け取るチャンネルが多く、収入を自分で決められる
 
成功者たちの財務諸表を見てみると、普通の人とは、違うことがあります。普通の人は、収入源が一つか、二つしかないことでしょう。
 
金持ちになる人には、収入源がたくさんあります。それは、自分の経営する会社からの役員報酬であったり、不動産収入、投資からの収入など、いろんな収入があります。金持ちになればなるほど、どれだけ収入や資産があるのか分からなくなります。
 
よく「あなたの年収はいくらですか?」という言葉を聞きますが、あれはサラリーマン的発想です。給料が月々いくらなのかという発想から来ているのでしょう。

金持ちほど、いくら収入があるのか、分からないのです。若い時分、失礼も顧みず、大富豪に「あなたの資産はどれぐらいあるのですか?」と聞きましたが、彼の答えは「分からないよ」でした。最初は、ごまかしているのかと思いましたが、会計の仕事をやるようになって、彼のいったことは本当だったことが分かりました。
 
というのも、投資している会社が上場前だったりすると、その評価方法で、まったく資産額が変わってくるのです。収入も、たとえば、役員報酬は簡単に計算できますが、相当値段の上がっている株を持っていても売っていない場合は、この人の年収をはかるのは難しいでしょう。
 
また、役員報酬で年収一〇〇〇万円だとしても、まだ売っていない株の含み益が四〇〇〇万円あったら、その人の年収はいくらなのか、判断に迷うところです。

4 セルフイメージが高い
 
彼らの特徴の一つは、「セルフイメージ」がとても高いことです。セルフイメージとは、その人が自分のことをどのように考えているかです。自分のことを愛して、尊敬している人ほど、このセルフイメージが高いといえます。
 
単なるナルシストかと誤解する人がいますが、そういうわけではありません。ナルシストは、自分に陶酔しますが、セルフイメージの高い人は、自分のマイナス点もよくわきまえています。その上で、自分のことを受け入れて、大切にしているのです。

また、傲慢なわけでもありません。「自分は素晴らしい」と心から考えることです。日本人には、文化的になかなか難しいのかもしれません。
 
たとえば、「あなたは素晴らしいですね」といわれ、すんなり、「ありがとう」といえる人がそうです。成功者は、このセルフイメージに応じて人生がつくられると考えるので、これを高める努力をしています。そうすることによって、自分が自分自身への最大の理解者になるのです。

5 ネットワークが広い
 
先ほどの好奇心とも関係ありますが、彼らは非常に広い交友関係を持っています。普通の人は、自分と同じ会社の人間か、昔同じ学校に行った人ぐらいとしかつきあいません。せいぜい趣味のサークルで知り合った人たちと飲みに行く程度でしょう。
 
自由に人生を楽しんでいる人は、いったいどうやって知り合ったのかと驚くほど人脈のネットワークが広いものです。そして、どの人とも、まるで一〇〇年前から知っているかのような深いつながりを持っています。
 
どんな人とも一瞬にしてつながり、楽しい関係を持つことは、才能の一種です。その才能が、彼らに多くの人を惹きつけ、成功の礎を築くのです。また、年齢や職業の違うたくさんの友人たちとの交流は、人生を豊かにしてくれることでしょう。

6 好奇心旺盛で何でも吸収する
 
好奇心が旺盛なことも、彼らの特徴です。ホンダの創業者、本田宗一郎氏のようなタイプがそうです。どんなことにも好奇心を持ち、何でも質問するのです。そして、まったく関係のない知識を本業に応用したりして、周りを驚かせます。
 
こういうと、成功するために好奇心を持とうとする人がいますが、それでは本末転倒です。自由な心を持つようになると、自然にいろんなことに好奇心が出てきます。世界には、おもしろいこと、不思議なことがたくさんあるからです。
 
好奇心が旺盛な人は、趣味や興味の分野もとっても広いものです。彼らは、多くの情報を引き寄せます。また、そういう情報を持っていくと、子供のように喜んでくれるので、もっと教えてあげたくなるほどです。そうやって、彼らは、普通の人の何倍もの情報をすんなりと手に入れるのです。
 
人生やビジネスの大切な局面では、その膨大な情報量の中から、直感的に解決策を見つけ出すようになるのでしょう。

7 積み上がる仕事をしている
 
彼らが経済的に成功している要因は、彼らの仕事には隙がないことです。普通の人は、一回やったら終わりの仕事をしています。従業員であれば、その月やった仕事は月末給料が払われた時点で、その成果は消えてしまいます。成功する人は、今やっている仕事から、一生の間利益を得るような働き方をしているのです。
 
例をとって説明しましょう。あなたが、雑誌社に勤めていたとしたら、そこで書く原稿に対して払われる対価は、その月の月給で終わりでしょう。しかし、お金持ちは、同じ労力でも違う働き方をします。
 
ある有名作家は、本を書く依頼があれば、まず連載で書ける雑誌を探してくることを条件にしているそうです。
 
そこで、原稿を雑誌に書くわけですが、そこで一回目の原稿料をもらいます。その連載原稿がまとまった時点で、二回目の原稿料を受け取り、文庫化された時に、三回目の原稿料を受け取るのです。

また、その本が海外で出版される時は、四回目の原稿料を受け取ります。テレビ化された時点で、五回目、映画化された時に、六回目、ビデオ化された時には七回目の原稿料を受け取るのです。
 
まだこれで終わりというわけではありません。それぞれのメディアでの作品が売れ続ける限り、原作者には印税が入ってくるのです。このような仕組みを作るので、彼らは一回の仕事で一生涯続く収入を得るのです。
 
私は、ある成功者から、仕事には「投資」と「消費」の二種類があることを教わりました。将来につながっていく仕事は、投資になり、その場限りの仕事は消費です。自分の時間と労働力を交換しているだけの仕事は、消費の仕事で、それをやっていては成功できないと教えられたのです。
 
あなたは今、将来に積み上がるような仕事をやっていますか? それとも、消費の仕事をやっていますか? その答えが、あなたの将来の経済的成功を決めるでしょう。

 

普通の人は、なぜ成功できないのか?

6027ab54e4abbfadbbab86bef9b8ce3b_s

こういう話をすると、多くの人が質問をしてきます。「好きなことで成功するっていうけど、そんなに簡単なことじゃないでしょ? 第一、どうして普通の人は好きなことをやって成功できないんですか?」と聞いてくるのです。シリーズ一作目でもお話ししましたが、復習がてらいくつかを見ていきましょう。

好きなことで成功できるという事実を知らない

そもそも人は、知らないことをすることができません。私は、長野に来て、クロスカントリースキーというものを初めて体験しました。スキーで雪の上を散歩できるということを知らなければ、一生このような楽しい体験をすることはなかったでしょう。知らないことといえば、育児セミリタイヤもそうでした。
 
カナダに行った時、まだ若い友人夫妻が育児セミリタイヤをしていたのを知って衝撃を受けました。共働きで子育てをしている人はたくさん知っていましたが、若い夫婦でどちらも働かずに、育児をエンジョイしているという人には、それまで会ったことがありませんでした。彼らとの出会いがなければ、私は育児セミリタイヤということを想像もしなかったでしょう。
 
大好きなことで成功するというのも同じです。そういう生き方をしている人を知らなければ、そういう生活をすることすら思いつかないものです。

セルフイメージが低い
 
大好きなことをやって成功している人の存在を知ったからといって、いきなり自分もそういう生活をしようとは思わないものです。それは、先ほどお話ししたセルフイメージが低いためです。
 
自分にはどういう人生がふさわしいというセルフイメージは、多くの人にとって、考え方より、信念に近いものがあります。
 
自分はサラリーマンしかできないと考えている人は、成功者の目からは、ただ単にセルフイメージが低いだけですが、本人にとっては、真実としか見えないものです。
 
「好きなことをやって成功なんてできるはずがない」と考えたり、「自分には無理だ」と思う人は、やはりそのような人生を送るでしょう。

今までの人生を変えるほどのモチベーション(動機)がない
 
多くの人は、今の生活の状況をそんなに悪くないと考える傾向があります。以前、テレビで、酒乱で暴力を振るう夫を持つ妻のインタビューをやっていました。
 
びっくりしたのは、「本当は、主人はやさしいんです。今、結構、自分の人生に満足しています」というのです。世間的に見て、過酷に見える人生でも、本人は意外と平気だったりするのだと知りました。もちろん、その人が幸せかどうかは、本人しか決められないことでもあります。
 
統計では、自分の大好きなことを仕事にしている人は、ほんの数パーセントです。しかし、多くの人は、現在の仕事を変えるほど不満だとは感じていません。それは、今の人生を変えて、新しい変化に直面するほど、今の状況が悪いとは思っていないのです。だから、わざわざ今の安定した仕事を捨てて、未知の人生を生きようとは思わないのです。

長期的な視野がない
 
普通の人は、人生を七〇年とかの長い視点から考えません。三〇代ぐらいの人は、ついほんの前まで学生だったということを覚えているので、自分の人生が残りどれぐらいあるかをあまり意識していません。
 
それは六〇代でも同じことかもしれません。六〇歳を超えた友人は、自分が老人になるなんて実感がわかないといっています。それぐらいの年になっても、なお自分の人生が終盤に向かっているとしっかり向き合える人は少ないものでしょう。
 
若いうちは目の前の仕事や子育てをこなすのに精一杯で、人生全体を考えることはできないのが普通です。成功していく人は、このままいくとどういう人生が待っているのかを感じる感性を持っています。
 
このままじゃ、自分の望んでいた人生にならないということを先回りして考え、今を変えることに全力投球するのです。

 

健二「僕は、やっぱり普通の人の方に近いですね。でも、最初に聞いた時とは違って、今までのように、飲みに行ったりしても自分をごまかしきれなくなったんです。ただ不思議なことに、今は自分でもできそうな感じがしています」
 
礼子「私もそう。自分らしく生きたいって心から感じるんです。大好きなことをして生きていけるなんて、やっぱりいいなぁ。私にどんな才能があるかはまだよく分からないけど、これから真剣に探ってみたいと思います」
 
パパ「なるほど。いよいよスタートラインに立ったんですね。じゃ次に行きましょう!」

 

※書籍『大好きなことをしてお金持ちになる』(本田健著)より引用。


 

【書籍紹介~目次】

『大好きのことをしてお金持ちになる』

大好きなことをしてお金持ちになる   目次

◆はじめに/

◆プロローグ
「大好きなこと」と「お金持ち」を両立させるには?/ 
「好きなことをやる自由」を自分にあげることが最初のステップ/
キャッシュポイント│あなたの才能をお金に変える/
誰にも、あなたの成功を止められない/
あなたらしい生き方で輝く!/

◆幸せな小金持ちシリーズ 今までのストーリー/

第1章 大好きなことをして成功する人

人は、自分が考えるような人生を生きている/
大好きなことで成功する人の5つの幸せ/
大好きなことで成功する人の7つの特徴/
普通の人は、なぜ成功できないのか?/

第2章 大好きなことをしてお金持ちになる仕組み
成功の方程式/
大好きなことで成功するメカニズム/
大好きなことをやると、お金持ちになれる5つの理由/ 

第3章  成功する人たちだけが知っていること
お金持ちになる6つの方法/
社会の成り立ちを知る/
4つの生き方│ロバート・キヨサキモデル/
どの立場でも成功できる/
大好きなこと(ライフワーク)で豊かに生きる4つの形/
それぞれに違う成功のルールがある/
あなたが社会に提供するものは何?/

第4章 あなたの才能をお金に変える6つのステップ
ステップ1 幸せの源泉を見つける
幸せの源泉という考え方/
あなたの中に眠る才能を知る/
人間の10の特性│あなたはどのタイプの組み合わせ?/
あなたの特性の自己診断チェック/
あなたの才能を生かす仕事の形/

ステップ2 あなたのキャッシュポイントの5つの要素を考えてください
豊かさの源泉という考え方/
キャッシュポイントとは?/

ステップ3 成功するためのスキルをみがく
大好きなことで成功するための7つのスキル/

ステップ4 お金のIQ、お金のEQを高める
お金のIQ/
お金のEQ/

ステップ5 ビジネスIQ、ビジネスEQを高める
ビジネスIQ/
ビジネスIQから見た10のレベル/
ビジネスEQ/
ビジネスEQから見た10のレベル/
IQとEQのバランス/

ステップ6 ビジネスシステムを作る
ビジネスシステムを作る5つのポイント/
これからのサービス型ビジネス成功の3つの条件/

第5章 「普通の人生」から「お金持ちの人生」への移行期をどう乗り切るか?
「普通の人生」から「お金持ちの人生」への4つのステップ/
大好きなことの中に潜む20%の「面倒くさくてイヤなこと」/
移行期をうまく乗り切れない5つのパターン/
セルフイメージを高める5つの方法/

第6章  成功する人に必ずやってくる5つの試練
第1の試練 身近な人から逆風が吹く/ 
第2の試練 いわれもない批判や中傷、嫉妬を受ける/
第3の試練 忙しくなって時間の余裕がなくなる/
第4の試練 心の平安を失う/
第5の試練 内なる恐れ、自分自身への疑いが出る/ 

第7章  大好きなことでお金持ちになる人が持つ9つのメンタリティー
メンタリティー 1 自分らしく生きる/
メンタリティー 2 パートナーと共に進む/
メンタリティー 3 プラスとマイナスのバランスをとる/
メンタリティー 4 人生で何がもっとも大切なのかを見きわめる/
メンタリティー 5 感情を自由に表現して生きる/
メンタリティー 6 リスクを冒す/
メンタリティー 7 失敗を人生最大の先生にする/
メンタリティー 8 成功しようと考えない/
メンタリティー 9 夢を見る/

第8章 大好きなことで成功している人たち
20代でセミリタイヤ生活を実現……本田晃一さん/
短大卒から一転、世界を舞台へ……中野裕弓さん/
主婦をしながら多方面で大活躍……山口佐貴子さん/
ベルボーイからホテルオーナーへ……ヘンリー・ランドワースさん/

◆おわりに/


※書籍『大好きなことをしてお金持ちになる』の続きが今なら無料で読めます。

2週間無料で電子書籍読み放題体験できます!

あらゆるビジネスシーンや人生に使える情報を片手に今必要な情報にすぐにアクセスできる!


電子書籍で!オーディオブックで!ウェブセミナーで!


あなたの人生を変えるためのコンテンツがスマホ、タブレットでいつでもどこでも無制限で学習可能!


今なら2週間無料体験受付中!


2週間無料で試してみる