論理的思考よりセパレートが重要! 鈴木進介氏が送る「ごちゃごちゃ」した頭の中をスッキリさせて問題の9割を解決できる方法

1903ff1da77c3406b77780936d13fd33_s

最近ビジネス界で「論理的思考」という言葉をよく耳にするようになりました。
別名ロジカルシンキングとも言われています。
実際、論理的思考を活用して成果を出している人がいるのも事実です。
しかし職場を覗いてみると・・・

・やらなくてはいけないことが多くて優先順位が分からない
・必要なものと不必要なものの選択肢を見誤ってしまう
・情報や知識で頭でっかちになってしまい行動ができない
・創造力が乏しく良いアイデアが出ない

などなど、このような問題を抱えている人で溢れています。
あなたはいかかでしょうか? 思い当たる節はありませんか。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

【今週のヨミPOINT!】頭はいいのに、成果が出ない人

12733356_1720660588176924_3206324181418723782_n

おはようございます。電子書籍サービス『YOMiPO』から名文をピックアップするコーナー、【今週のヨミPOINT!】。鈴木進介「問題解決のためのセパレート思考」より「頭はいいのに、成果が出ない人」の一節をピックアップしました!

頭はいいのに、成果が出ない人 

私がある大手メーカーのマネージャークラス向けに講演していたときのことです。「10人ほどのメンバーが新規事業を立ち上げるべく奮闘しているのですが、なかなか企画がまとまらないと」講演後にご相談いただきました。 

メンバーそれぞれ頭も情報感度も良く、おもしろい切り口の企画は出てきているようなのですが、どの企画案や戦略の選択肢も良く見えて、なかなか絞り切れないとのことでした。

確かに、それぞれの企画案は、研修をたくさん受けてきただけあって、質が高い内容です。それなのに、選択肢が絞り切れないことが影響して、最終的に出てきたプランは、メンバー全員の最大公約数的な面白味がないものでした。 

そこで私は、こう尋ねました。
「今、やるべき目標は、次の会社の収益源になりうる事業を1つ生み出すことですよね? 考えて、調べることばかりに時間をかけて、整理することに力が入っていないのでは?」

すると、私と目が合ったチームリーダーの30代後半の社員は、「バレたか!」と言わんばかりの表情で、苦笑いしながらうつむいてしまいました。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0